通学路の交通安全対策

28日午前8時ごろ、横浜市の通学路で登校途中の小学生の列に、87歳の男が運転する軽トラックが突っ込み、1年生の男の子が犠牲となり、また子ども4人が負傷する大変痛ましい事故が発生しました。亡くなった男子生徒のご遺族のお悲しみは、察するに余りあるものがあると思います。心からご冥福をお祈り申し上げます。また負傷された児童の一日も早いご回復を願っています。子ども達の通学時の見守り活動を行っている者として、この事故には二つの問題があると考えます。一点目は今回高齢者が起こした事故であり、逮捕された容疑者は「どうして現場まで行ったかよく覚えていない」と供述しているそうです。今後、免許制度における高齢者への対応について、何らかの制度改正も必要ではと考えますので是非関係省庁でご検討いただきたいと思います。2点目ですが、今回の事故現場は交通量が多く地域住民からも危険性が指摘されていたという事です。私の地元学区でも非常に交通量の多い街道が一部通学路に含まれています。京都市では平成24年に亀岡市や東山区祇園で発生した交通事故を契機に、教育委員会、建設局、警察署が協議し全ての学区においてハード面(路側帯のラインやガードレール)ソフト面(交通規制や通学路の変更)での安全対策が実施されました。ただ個別には色々危険個所もあり、私も市議在職中は信号機設置や補導拡幅などのお手伝いもさせていただきました。平成24年に対策が実施された時と状況が変わってる可能性もありますので、今、改めて私たちは子ども達の大切な命を守り抜くそんな覚悟でそれぞれの地域においてそれぞれの通学路の危険個所を徹底的に調査して、その結果を踏まえて、たとえば京都市のPTA全体の意向として関係行政機関に改めてハード、ソフト両面での安全対策を要望する、そんな活動も必要ではないでしょうか。

%e9%80%9a%e5%ad%a6%e8%b7%af%e5%b8%82%e5%8e%9f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です