鞍馬の火祭

毎年10月22日には、鞍馬由岐神社の例祭「鞍馬の火祭」が斎行されます。お祭の歴史は平安時代までさかのぼり、940年(天慶3年)都での世情不安を治めるため朱雀天皇の勅によて平安京の内裏に祀られていた由岐大明神様が北方鎮護として鞍馬に遷され、この時に鞍馬の里の人々が、かがり火を焚いてご神霊をお迎えしたことが起源とされています。午後6時「神事にまいらっしゃれ」の掛け声を合図に里の家々ではかがり火に火がともされ、「サイレヤ、サイリョウ」(祭礼や祭礼の意)の掛け声のもとに小さな松明を持った子どもが集落内を練り歩き、それに重さ100キロを超える大きな松明を持った大人が加わり、その松明が午後九時前頃には鞍馬寺の山門に集結します。近くでい見させていただきましたが、火の粉が舞い上がり、松明が燃える音聞こえ、何より炎の熱さを肌で感じます。すごく幻想的で、強さを表す独特の衣装を着た松明の担ぎ手は勇壮です。この都に伝わる千年以上の歴史を持つ素晴らしいお祭が、ずっとずっと後世に伝えられていくように、深く深くお祈りしています。

%e9%9e%8d%e9%a6%ac%e3%81%ae%e7%81%ab%e7%a5%ad%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です