「岡崎地域活性化ビジョン」、着実に推進!!

私が市議在職中に代表質問で二度取り上げた、岡崎地域のこれからのまちづくりの指針ともいうべき「岡崎地域活性化ビジョン(平成23年3月策定)」が、着実に進められています。その一つの施策として、歩いて楽しい岡崎地域のシンボルとなることを目的とし、メインロードである神宮道の歩行者専用化(岡崎プロムナード)の工事が8月末に完成、9月1日よりご利用いただけることとなりました。公園や道路など、オープンスペースを一体的に活用することにより、市民の皆様、地域の皆様、また旅行などでご来訪される方にとって、歩いて楽しい憩の空間となるもと思います。また平成28年1月10日にオープンする京都府内最大規模の座席数を持つ劇場となったロームシアター京都の外観がほぼ確認できるようになりました。京都に新たな文化芸術の拠点が誕生し、オープンから平成28年の12月まで、様々なオープニングイベントも計画されています。この他にも、動物園のリニューアルや美術館の新しい構想、また岡崎地域でのスマートシティの事業なども進められています。私は一番最初の質問で、岡崎地域を面としてとらえ、その魅力をエリア全体で発信していくことを提案しました。岡崎地域が世界一の観光都市京都の中心的なエリアとして引き続き発展するように、ビジョンを着実に推進しなければなりません。

道神宮 シアターローム

京の火消し屋小町、いざ出陣!!

来る10月15日、横浜で開催される、全国女性消防操法大会に京都府を代表して出場される左京消防団女性消防隊(愛称、京の火消し屋小町)の皆さんの激励会が、門川京都市長も出席され、8月8日午前10時より宝ヶ池球技場で開催されました。左京消防団長のご挨拶のあと、女性隊員による日ごろの訓練が披露されましたが、皆さん寸分の狂いもなくテキパキとした動きで、すごく凛々しかったです。隊長はもう既に「一つしかない頂点を目指す」と宣言されています。私はこの日の隊員さんの動きを見て、必ず一つしかない頂点を京都に持って帰っていただけるものと確信しました。また隊員さんたちのお子さんも、サプライズで登場され、それぞれのお母さんに、応援する思いを伝えました。何よりも心強いエールになったと思います。全ての京都市民、そして全ての京都の消防団員が心から応援しています。京の火消し屋小町、いざ出陣!!頑張って下さいね。

火消小町1