落選から、新たなる挑戦!!

四月の選挙から二か月近くが経過しようとしています。お世話になった皆様へのご挨拶や引き続いてのお困り事の対応、朝は子供の見守りや街頭活動また、いろんな方にご心配いただき食事にも誘ってもらって、たいへん有難く思っています。自分自身「前向いて」「前向いて」と言い聞かせながらも時々「何で落選したんやろう?」と気づけば自問自答も。阪神の野村元監督の名言で「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」という言葉があります。(元々は江戸時代、平戸藩主の言葉だそうです)要するに負ける時は明確な原因があるということです。よって今回の選挙も明確な原因があって、負けるべくして負けたものであり、4年後に向けてその様々な原因をはっきりと突き止め、分析、克服し必ず復活いたします。宜しくお願い致します。